いしど式とは|いしど式そろばん公式サイト

いしど式とは?

そろばんを通じて伝えたい。いしど式には子どもたちと向き合う6つの意志があります。
  • 6つの意志
  • 個別対応教育
  • スモールステップ方式
  • イメージコントロール法
  • しつけ・教育
  • 競技・検定
  • 珠算教師資格・研修制度
scroll

ひとりの人間として、子どもたちの

その子の目を見て話すこと。その子に合った声をかけること。
たとえ、一人で一生懸命に取り組んでいるときも、
「いつだって先生は自分を気にかけている。」
そんな安心感で、つねに包んであげること。
それは、子どもたちとひとりの人間として向きあい、
個性を尊重する私たちの基本姿勢です。
そして、小さな子どもを相手にする以上、
信頼感がなければどのような指導も成立しません。
きめ細やかな配慮は、そろばん技術の習得はもちろん、
心の教育にまで大きく影響をします。
いしど式の考える個別対応とは、言葉で、行動で、そして心で
信頼関係を深め続ける教育のあり方です。

個別対応教育
教室の中でも、グループ分けをして、個人の能力にあった個別対応教育を行っています。

小さな成功体験が、大きな成長の種になる。

「やれば、できる。」教育現場できっと幾度となく、
言われ続けてきた言葉です。でも、いしど式は思います。
叱咤激励として、その言葉を投げかけるのではなく、
子どもたちの中で実感に変わることこそ大切なんだ、と。
だから私たちは、一人ひとりに合ったハードルを用意し、
あきらめずに乗り越えていく力を育んでいきます。
自信が持てない子には、少しずつでも確かな成功体験を。
進度の早い子には、さらなる向上心の刺激を。
ひとつひとつのハードルは、小さくたっていい。
自分の力で乗り越えていくことで、
やがて、大きな夢だってかなえることができる。
一生消えることのない「やれば、できる。」という自信と確信を、
そろばんを学ぶ日々の中で届けたいと思っています。

スモールステップ方式
きめ細やかな段階別指導のテキストで、確実にステップアップ




前向きなほめ言葉で、自己肯定の心を養う。

いしど式は、イメージコントロールの概念を
日本のスポーツ界に導入されたばかりのころから取り入れ、
子どもたちのためのそろばん教育に活用してきました。
「すごいね!」「よくできたね!」
前向きな言葉でほめられたとき、子どもたちは、
自分のがんばりを確かな喜びとして実感します。
次のがんばりにつながる勇気を手に入れます。
そして、努力する自分を否定せず肯定するという
一生ものの自信を身につけることができます。
いしど式が、子どもたちのいいところを見つけては、
積極的に、前向きな言葉でほめる理由もそこにあります。
ほめ言葉は、単なるご褒美ではありません。
今日も、一人でも多くの子どもたちへ、
ひとつでも多く贈りたい、前向きな未来へのエールなのです。

イメージコントロール法
授業が始まる前、終わった後に、「イメージトーク」で前向き脳に。「いしど式」には他にもやる気を継続させる工夫がたくさんあります。

厳しくしてでも、教えるべきことがある。

いしど式では「自立」と「自律」の人間教育をとても大切にしています。
あいさつや言葉づかい、礼儀作法を、
保護者のみなさま以上の厳しさで教えることもあります。
たとえ子どもが消しゴムを床に落としても「自分で拾いなさい」と言い、
子どもが泣いていても「どうしたいのか言いなさい」と
自分のことを表現できるように導きます。
そして何より、継続して続けることの大切さを徹底して伝えています。
そろばんは、石の上にも三年。簡単に上達するコツはありません。
「難しくてもまずはやり続けるしかない」という
厳しさがそこにあります。
だからこそ楽しさも組み込みながら
前向きに取り組める工夫をしています。
社会に出てすぐに諦めてしまう大人にしないためにも、
小さな頃に頑張り続ける経験を
徹底して身につけさせるように心がけています。

しつけ・教育
たかが靴を揃えるということ。知っていることと、出来ることは違います。

5本番で試される厳しさが、子どもをたくましくする。

競技や検定を通じて、子どもの習いごとでは味わえないような
シビアな経験を積み重ねていくこともいしど式の大きな特徴です。
そろばんの競技は完全に自分自身との戦いであり、
誰のせいにもできない厳しい勝負の場です。
0.01秒を0.001秒にする努力を求められ、その時の子どもたちは
大人顔負けのアスリートのように取り組みます。
「練習ではうまくできたんだけど・・・」などの言い訳も
そこでは通用しません。本当に練習で100 点を取れていても、
本番で結果を出せなければ、また1 ヶ月同じ練習をするという
現実が突きつけられます。まさに1点で泣くか笑うかの世界です。
自分より後に入ってきた子や下の学年の子のほうが
良い結果を出すこともあります。まさに小さな社会です。
その悔しさをバネに喜びを手にする道のりは、
子どもたちにとって何物にも代えがたい社会勉強になります。

競技・検定
5本番で試される厳しさが、子どもをたくましくする。

限りない向上心こそ、教師の資質だと考える。

そろばん教育を通じて子どもたちの成長を支えるだけでなく、
先生自身が自分を磨き、人間として成長すること。
それは、子どもたちのやる気をつねに引き出し、
未来を切り開く力を育む使命を持った者として、
いしど式のすべての教師は常に自らに問い続けています。
日頃のあいさつも、そろばんの技術も、心のあり方も、
もっと上を目指そうとあきらめずにがんばることを、
私たちができなければ子どもたちに教えられないからです。
いしど式の教室長は全国珠算連盟の教師資格を取得しており、
資格の取得以降も定期的な研修で、
新たな指導法や自らの技術向上に
情熱を持って取り組んでいます。

珠算教師資格・研修制度
いしど式には欠かせない、先生の“情熱”





各教室へのお問い合わせはこちら